ファッションの服を売る側の売買における通販など

ファッションの服を売る側の売買における通販など

ファッションで利用する服を取り扱っているのは専門店や店舗を持っているメーカーで、売買では色んな形を持っています。通販という発売形態だと、専門の店や店舗保有のメーカーにはいくつか長所をもたらすことになります。
インターネット上でファッションの服の売買をするときには、店舗を建設する必要がありません。
すなわち、実店舗に必要な土地の取得と建設費用と準備期間などをカットすることが可能になるのです。
また、店舗を運営していくために必要な固定費用や可変費用を抱えることがないというメリットを受けれます。

またインターネットで発売をするため、ネット環境が整備されているたくさんの地域を対象にできます。



その上営業時間を気にする必要がないので、どの時間帯においても販売に対応することができます。
他方で通販以外にも実店舗を展開するという従来の形もあり、これにも利点は存在しています。

例えば来店したお客様に対して、ズボンのサイズを測って適度な大きさに合わせるというサービスを提供できます。


つまり、サイズを測ることによってお客様のニーズに対応してそれによる売上を図ることができるということです。

NAVERまとめの情報が更新されています。

上記の他にも、ファッションの服の売買を通販と実店舗という組み合わせにするという手段もあります。


実店舗でターゲットをカバーする以外にも、全く別の地域の人々を対象にするということが同時に実現できます。
そして実店舗の数を最小限にして、ネットで補うことでコストを低くするという選択も存在します。



Copyright (C) 2015 ファッションの服を売る側の売買における通販など All Rights Reserved.